logo

ケーニグセグ「One:1」--出力1メガワットを誇るスーパーカー

Wayne Cunningham (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年03月13日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ジュネーブ発--人はこの車を最初のメガワットカーと呼ぶ。なぜなら、同車のターボチャージャー搭載5リッターV8エンジンは、1000キロワット(1341馬力)を生み出す。名前の「One:1」は、「Power-to-Weight Ratio」が1キログラムあたり1馬力であることに由来している。

 スウェーデンの自動車メーカーKoenigseggは、この新しいスーパーカーのOne:1をジュネーブモーターショーで披露した。シルバーとブラックで仕上げられた同車の最高時速は、時速273マイル(約439km)となっている。

 また、One:1は、時速248マイル(約400 km)まで20秒で達する。

 カーボンファイバーが随所に使用されており、各フェンダーに使われているデュアルウィングレットや吸気マニホルドもそれに含まれる。だが最も注目すべきはカーボンファイバー製ホイールで、重量がわずか6572gしかない。

 ここでは、同車を写真で紹介する。
Scroll Right Scroll Left

 ジュネーブ発--人はこの車を最初のメガワットカーと呼ぶ。なぜなら、同車のターボチャージャー搭載5リッターV8エンジンは、1000キロワット(1341馬力)を生み出す。名前の「One:1」は、「Power-to-Weight Ratio」が1キログラムあたり1馬力であることに由来している。

 スウェーデンの自動車メーカーKoenigseggは、この新しいスーパーカーのOne:1をジュネーブモーターショーで披露した。シルバーとブラックで仕上げられた同車の最高時速は、時速273マイル(約439km)となっている。

 また、One:1は、時速248マイル(約400 km)まで20秒で達する。

 カーボンファイバーが随所に使用されており、各フェンダーに使われているデュアルウィングレットや吸気マニホルドもそれに含まれる。だが最も注目すべきはカーボンファイバー製ホイールで、重量がわずか6572gしかない。

 ここでは、同車を写真で紹介する。

提供: Josh Miller/CNET

-PR-企画特集