logo

ソニー「Xperia M2」の第一印象--4.8インチのミッドレンジスマートフォン - (page 2)

Andrew Hoyle (CNET UK) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年03月17日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特徴

 このデバイスは1.2GHzのクアッドコアプロセッサを搭載しており、ソーシャルネットワーキングをするには十分な処理能力を持つが、負荷の高いゲームをどの程度こなせるかはまだ分からない。ハイエンドの姉妹機種であるZ2とは違い、この機種はやや古い「Android 4.3」(開発コード名:「Jelly Bean」)を使用している。これについても、筆者は値段さえ十分に安ければ構わないし、ソニーは近い将来「KitKat」へのアップデートを提供すると約束している。

 背面には、8メガピクセルのカメラがある。これは、ハイエンドのZ2が20.7メガピクセルだということを考えるとかなり劣るが、低予算モデルに、ハイエンドモデルと同じ機能を期待すべきではない。8メガピクセルというのはそれなりの性能であり、またソニーは、パノラマモードやバースト撮影モードを含め、さまざまなツールを付加している。

結論

 ソニーのXperia M2は、ディスプレイの解像度も低く、カメラも8メガピクセルであるため、最高レベルのスマートフォンを手に入れたいと思っている人は魅力を感じないだろう。そういう人は、Xperia Z2を検討すべきだ。ただしそのスペックは、ほとんどの作業には十分以上であるように思える。もし十分に値段が安ければ、ハイエンド機種に高いお金を払いたくないというユーザーにとっては、よい選択肢になるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]