東芝、レグザタブレットとスマート家電を連携--アプリで外出先から操作可能に

坂本純子 (編集部)2014年03月07日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月6日、Androidタブレット「REGZA Tablet AT503」向けに、外出先からスマートフォンを利用してスマート家電と連携できる搭載アプリ「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」を配信すると発表した。タブレットから東芝サービスステーションを経由してダウンロードできる。

「REGZA Tablet AT503」とアプリ「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」
「REGZA Tablet AT503」とアプリ「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」

 また、同時にiPhone向けにエアコン操作アプリ「RZ家電リモ」も配信する。App Storeからダウンロードできる。

 これら2つのアプリケーションにより、スマートフォンからインターネット経由で宅内にある起動中の「REGZA Tablet」を通じて、エアコンを遠隔操作できる。

エアコンの遠隔操作イメージ
エアコンの遠隔操作イメージ

 例えば、外出先からエアコンの電源を入れておき、帰宅する前に部屋を快適な温度にしておける。また、エアコンの電源を切り忘れても、外出先から電源をオフしたり、急な天候の変化時にも外出先から空調管理ができる。なお、対応するのは、2013年秋発売の東芝のルームエアコン「RAS-GDRシリーズ」で、別売の「HAアダプタ」も必要になる。

家電コンシェルジュ for REGZA Tabletメニューのトップ画面
家電コンシェルジュ for REGZA Tabletメニューのトップ画面

 そのほか家電コンシェルジュ for REGZA Tabletは、宅内用の機能としてスマート家電対応の冷蔵庫やエアコン、洗濯機、LEDシーリングライトなどとBluetooth接続で、運転状況の確認や、温度設定、明かりの設定などが行える。リビングから寝室にあるエアコンの温度調整や、冷蔵庫の庫内確認、洗濯の残り時間の確認なども可能だ。

 対応するのは東芝の冷蔵庫「GR-G56FXV」「GR-G51FXV」で、洗濯機は「TW-Z96X1L」「TW-Z96X1R」。それぞれ、別売のHAアダプタが必要になる。冷蔵庫の庫内確認をする場合は別売の「庫内カメラユニットHNW-RCB1」になる。LEDシーリングライトは「LEDH80120YLC-LT2」「LEDH81120YLC-LT2」「LEDH82120YLC-LT2」「LEDH82010YXLC-LT1」に対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加