logo

Bitcoin取引所Mt. Gox、民事再生法の適用を申請

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 福岡洋一 (ガリレオ)2014年03月01日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティの問題から不正引出が行われ、この2月に混乱状態に陥っていたBitcoin取引所Mt. Goxが、民事再生法の適用を申請した。

 Mt. Goxの最高経営責任者(CEO)であるMark Karpeles氏が2月28日に東京で発表した。顧客の約75万ビットコイン(BTC)と会社自体が保有するおよそ10万ビットコインが消失したという。失ったビットコインの合計は現在の交換レートで約5億ドルに相当する。The Wall Street Journalが米国時間2月28日付で報じている

 東京で行った記者会見において、Karpeles氏はMt. Goxの破綻について遺憾の意を表明したうえで、Bitcoinの全体的な動向と今回の事態を切り離して伝えようと努めた。Reutersによると、「最初に、大変申し訳ない」と同氏は語ったという。「Bitcoin業界は健全でいまも成長している。Bitcoinは続くので、影響を抑えることが最も重要だ」(Karpeles氏)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集