logo

アップル、「OS X 10.9.2」をリリース--SSL/TSLの脆弱性などに対応

Topher Kessler (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年02月26日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「OS X Mavericks」を使用するユーザーを対象に「OS X 10.9.2」をリリースするとともに、「OS X Lion」と「OS X Mountain Lion」を使用するユーザーに対してもいくつかのセキュリティアップデートをリリースした。

 これらは重要なアップデートである。ローカルネットワーク上のセキュアな接続を介したデータの傍受を可能とする恐れのある最近発見されたSSL/TSLの脆弱性を含む、いくつかのセキュリティバグを解決するものだからだ。

 10.9.2のアップデートにより、OS X内のAppleサービスである「FaceTime」と「iMessage」にもいくつかの新機能が追加された。FaceTimeによる音声通話の送受信や、FaceTimeの通話中着信が可能になるとともに、iMessageの個々の送信者からの受信メッセージがブロックできるようになっている。

 10.9.2では上記以外に、「Mail」で一部のサービスプロバイダーに接続し続けることができないという最近の問題が修正されており、また、SMB2とVPNの一部のネットワーキング機能が改良されている。

 今回のアップデートは、Appleの「Software Update」サービスを通して提供されている。同サービスには、「Apple」メニュー、またはApp Storeの「Updates」セクションからアクセス可能だ。これに加えてAppleは、10.9.2アップデートを他のセキュリティアップデートとともに、同社のサポートダウンロードウェブサイト上で差分およびコンボ形式でダウンロード可能にしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集