MS、「Windows 8.1」春のアップデート計画を発表

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年02月24日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペイン、バルセロナ発--Microsoftは現地時間2月23日、「Windows 8.1」のアップデートを提供する計画を明らかにした。

 このアップデートでは、非タッチのユーザーインターフェース制御が向上するとともに、ハードウェアメーカーがより安価なデバイスを製造するための選択肢が増える。また、学校や大企業での使用に向けた互換性が追加される。

 MicrosoftのOS担当バイスプレジデントであるJoe Belfiore氏によると、アップデートは春に提供されるという。

 このアップデートでは新しいマウスのユーザーインターフェースも追加され、これには右クリックによる「Start」やアプリ終了が含まれる。Microsoftはさらに、Start画面に検索、電源、設定の各アイコンを追加する。また、タスクバーによるアプリの起動や切り替えがより簡単になる。

 加えてMicrosoftはハードウェア要件を緩和し、メーカーがより安価なWindows 8搭載デバイスを作れるようにする。新たな下限を1GバイトのRAMと16Gバイトのストレージとすることにより、新しいデバイスの波が訪れるとBelfiore氏は述べた。

 最後に、このアップデートでは、「Internet Explorer」などのアプリの互換性が追加され、学校や大企業への導入が後押しされる。

提供:Shara Tibken/CNET
Mobile World Congressに先立ち開催されたイベントで語るMicrosoftのJoe Belfiore氏
提供:Shara Tibken/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加