ソフトバンクのスマホで韓国電子マネー「cashbee」が利用可能に

藤井涼 (編集部)2014年02月20日 15時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルとSBI AXES、韓国のeB Card(イービーカード)の3社は2月20日、イービーカードの電子マネーサービス「cashbee(キャッシュビー)」を、6月からソフトバンクのNFC搭載スマートフォン向けに提供することを発表した。

 cashbeeは、イービーカードが2007年7月より韓国で提供しているプリペイド式の電子マネーサービスで、ロッテグループのデパートやコンビニエンスストア、レストラン、エンターテインメント施設など7万店舗で利用できる。

 cashbeeがソフトバンクのスマートフォンに対応することで、対象機種を利用するユーザーは、cashbeeアプリをダウンロードして電子マネーをチャージしておけば、韓国の対象店を訪れた際にスマートフォンだけで決済ができるようになる。


電子マネーサービス「cashbee」のウェブサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加