米空軍機「A-10 Thunderbolt II」--退役が計画される近接航空支援専用機 - 4/11

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年02月15日 07時30分
 1999年末に、北大西洋条約機構(NATO)軍がコソボ紛争で旧ユーゴスラビア連邦共和国に対して空爆を行った際に、A-10 Thunderbolt IIがユーゴスラビア国内の標的に対する作戦のために離陸しようとしている。

 A-10と「OA-10 Thunderbolt II」は、地上部隊の近接航空支援専用として設計された初の米空軍機だ。毎分4000発近くの発射速度を持つ、独自の対戦車機首砲を搭載している。

 A-10はシンプルで、近接航空支援任務に効果的であり、戦車やそのほかの武装車両など、地上のほとんどの標的に対して使うことができる。米空軍参謀総長のMark A. Welsh III空軍大将によると、現在のアフガニスタンでは、ほかの航空機(「F-16」「B-1」「B-52」)が近接航空支援任務の約75%を担当しているという。「その任務を実行し、十分に遂行できる航空機は数多くある」(Welsh III空軍大将)
Scroll Right Scroll Left

 1999年末に、北大西洋条約機構(NATO)軍がコソボ紛争で旧ユーゴスラビア連邦共和国に対して空爆を行った際に、A-10 Thunderbolt IIがユーゴスラビア国内の標的に対する作戦のために離陸しようとしている。

 A-10と「OA-10 Thunderbolt II」は、地上部隊の近接航空支援専用として設計された初の米空軍機だ。毎分4000発近くの発射速度を持つ、独自の対戦車機首砲を搭載している。

 A-10はシンプルで、近接航空支援任務に効果的であり、戦車やそのほかの武装車両など、地上のほとんどの標的に対して使うことができる。米空軍参謀総長のMark A. Welsh III空軍大将によると、現在のアフガニスタンでは、ほかの航空機(「F-16」「B-1」「B-52」)が近接航空支援任務の約75%を担当しているという。「その任務を実行し、十分に遂行できる航空機は数多くある」(Welsh III空軍大将)

提供: US Air Force photo/SRA JEFFREY ALLEN

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]