オレンジ・ジャパン、スタートアップ向け支援プログラムの参加チーム8社を決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オレンジ・ジャパンは2月12日、グローバルなビジネス展開を目指すスタートアップを対象とした支援プログラム「Orange Fab Asia」の、第1期参加チーム8社を発表した。

 クラウドサービス、ビッグデータ、モバイルアプリ、ハードウェアなど、約50の応募企業の中から、15社が書類選考を通過。インタビューおよびプレゼンテーションによる審査の結果、第1期参加チームとして以下8社を決定した。

  • ABEJA:映像認識技術を利用した店舗向け解析ソリューション
  • Jin-Magic:TCPトラフィック最適化技術
  • livepass:プッシュ広告プラットフォーム
  • Locarise:Wifiを利用した小売店向け解析ソリューション
  • マッシュルーム:タッチスクリーン向け通信デバイス
  • NetLED株式会社:ネットワーク型LED照明コントロールシステム
  • ピグマル:オーディオ端子を用いたスマートフォン向けIDタグ
  • sMedio:スマートデバイス向けスクリーンシェアリング

 8社は3カ月間のプログラム期間中に、オレンジグループ内の各部門と、協業の可能性を模索するためのディスカッションを進める。日本だけではなく、欧米、アジアの起業家や投資家、専門家からのメンターセッションにも参加するとしている。また、東京とパリの2回のDemo Dayを開催し、パリでは協業に関して議論するための、該当部門とのミーティングも実施する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加