C・アイカーン氏、アップルの自社株買い提案を撤回

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年02月12日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 物言う投資家であるCarl Icahn氏は、Appleに対する自社株買い拡大の要求について心変わりをしたようだ。

 Icahn氏はApple株主に宛てた米国時間2月10日付けの書簡で、「自社株買いに関してわれわれが要求している目標を、同社は既にかなりのところまで実現していることを重視し、法的拘束力のない提案」を撤回することを決めたと記している。

 同氏は何カ月も前から、Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏に対して、Appleの自社株買いプログラムを拡大するよう強く求めていた。同氏はApple株を約41億ドル保有しており、2014年中に最低でも500億ドルの自社株買いを実施するよう要求していた。

 Icahn氏は同書簡のなかで、株主に対して議決権の行使や、その他の手段について助言する会社であるInstitutional Shareholder Services(ISS)によって最近出された、同氏の提案に反対票を投じるよう促す提言について言及している。

Carl Icahn氏
Carl Icahn氏

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加