logo

KDDI研究所、サイト上の個人情報を検出できるツールを販売

藤井涼 (編集部)2014年02月04日 13時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI研究所は2月4日、SNSなどのウェブサイトに投稿されたコンテンツの中から、個人情報に該当する箇所を瞬時に検出するツールを開発し、2月から販売することを発表した。サイト管理者の目視による除去作業の効率化を手助けするとしている。

 このツールに、対象テキストデータをアップロードするだけで、独自の判定処理により「住所」「一般的な氏名」「電話番号」「メールアドレス」などを自動で検出し、ブラウザ上に自動判定結果と伏せ字処理結果を1件ずつ表示する。

 1分間に1200件の投稿から個人情報を検出して変換することが可能で、個人情報該当箇所の検出精度は約94%だという。KDDI研究所では、このツールを導入することで、1投稿の目視チェックに平均30.2秒かかっていたところ、約3分の1程度の10秒まで短縮できるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]