生身のトレーナーが指導する運動習慣サポートアプリ「Fulfilled」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この連載では、シンガポール在住のライターが東南アジア域内で注目を集めるスタートアップ企業を現地で取材。企業の姿を通して、東南アジアにおけるIT市場の今を伝える。

 2013年から運動習慣をサポートするスマートフォン関連の製品やサービスの登場が目立つようになってきた。アプリでは、ナイキの「Nike Training Club」、プーマの「RUN NAVI」、アシックスの「MY ASICS」など。ウェアラブル端末では、ナイキの「NIKE+ FUELBAND SE」、アディダスの「miCoach SMART RUN」、セイコーエプソンの「リスタブルGPS」などが挙げられる。

 1月に米ラスベガスで開かれた世界最大規模の家電イベント「CES 2014」では、メーカー各社が“ウェアラブル端末ブーム”を演出したことから、2014年はより一層、そうした製品やサービスが登場するものと思われる。

パーソナルトレーナーがアプリや電話で指導

 こうした状況がある中、シンガポール発のスタートアップ企業Lala Labsが、少しユニークな運動習慣サポートサービスを開始した。同社が提供するスマートフォンアプリ「Fulfilled」(iOS/Android)は、スマートフォンを介してパーソナルトレーナー、つまり生身の人間が運動に関するアドバイスをくれるサービスだ。

 Fulfilledは有料のサービスで、月額39シンガポールドル(1シンガポールドルは約81円)。ウェブサイトで会員登録をすると、アプリをダウンロードできるApp StoreとGoogle PlayのURLが送られてくる。アプリをダウンロードしたら、まずは自分が1日に食べた食事の写真を詳細な説明文とともにアップロード。さらに、体重、ウエスト、ヒップの大きさを入力する。これが、トレーナーがユーザーを理解するための助けとなる。

  • 毎日の食事の写真をアップロードする

  • 身体測定の情報

 1週間ほど食事の写真をアップロードし続けると、トレーナーとの最初の電話ミーティングが設定される。ここで、目標やそれを達成するために必要なエクササイズ、また運動を阻む要因、さらには健康的な食事の内容などが話し合われ、自分用にカスタマイズされた運動メニューが決められる。指導するトレーナーは、自身も以前肥満に悩み、エクササイズで改善した経験者。Fulfilledを運営するDionis Chiua氏もその一人だ。

  • Dionis Chiua氏も、エクササイズによって肥満を改善した1人。こちらは前後の写真

 運動を開始してからは、アプリや電話を通じてトレーナーが指導してくれる。アプリには投稿に対してLikeやコメントをする機能があり、運動の進捗状況や食事の内容についてトレーナーとやりとりができる。アンケート形式でヒアリングされることもあるようだ。さらに、サービスを利用する他のユーザーも自分の投稿に対して反応することができる。自分以外にも運動に励んでいる人が可視化されれば、ユーザーも勇気づけられるかもしれない。

 運動習慣をサポートする製品やサービスは数あれど、「誰かに手伝ってもらう」という例はこれまでにあまりなかった。しかし「自分1人ならいつでも中断できてしまう」という三日坊主の本質を突いている気がする。月額39シンガポールドルは、あなたにとって高いだろうか、安いだろうか。

 編集部注:この記事は連載記事です。次回記事が掲載された時に通知を受け取りたい方はこちらからご登録ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加