logo

Twitter共同創業者E・ウィリアムズ氏のMedium、2500万ドルを調達

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年01月29日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitter、そして「Blogger」サービスを運営していたPyra Labsの共同創業者であるEvan Williams氏はおよそ1年前、Mediumという会社を新たに立ち上げた。そのアイデアは、140文字のソーシャルネットワークと、何かを発信したい人の要求に応えるブログを足したようなプラットフォームを作り上げるというシンプルなものであった。このパブリッシングツールはこれから成長期に入ろうとしている。

 Re/codeによると、この新興企業は資金調達ラウンドで2500万ドルを調達したという。その額は、資金調達ラウンドによる調達額の平均が約900万ドルであることを考えると、非常に大きいと言える。

 今回の資金調達ラウンドには、Google VenturesのKevin Rose氏やSV AngelのRon Conway氏に加えて、Chris Sacca氏、Peter Chernin氏、Tim O'Reilly氏、Michael Ovitz氏、Gary Vaynerchuk氏、Betaworks、Code Advisors、CAA Ventures and Scienceといった数多くのベンチャーキャピタル企業や投資家が参加している。最も高額の資金を提供しているのはGreylock Partnersであり、同社はFacebookやLinkedInといった企業に出資していることでも知られている。

 Mediumは今回の資金調達を機に、David Sze氏とJosh Elman氏を新たに取締役員として迎え入れている。両氏はGreylock Partnersのゼネラルパートナーを務めている。

 調達された資金は、サンフランシスコでのより広いオフィスの確保や、新たな人材の採用、インフラの増強にあてられると伝えられている。

Mediumの共同創設者Evan Williams氏
Mediumの共同創設者Evan Williams氏
提供:Dan Farber/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集