logo

京セラ、米国国防総省軍事規格に対応したスマホ「TORQUE」を国内でも展開へ

坂本純子 (編集部)2014年01月27日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラは1月27日、防水・防塵対応で米国国防総省軍事規格(MIL-STD-810G)に準拠したスマートフォン「TORQUE(トルク)」を3月に発売すると発表した。ダイワボウ情報システムを通して販売する。主に法人をメインターゲットとするが、ウェブサイトでも販売する予定で、個人でも購入できる。想定価格は10万円前後。

「TORQUE(トルク)」
「TORQUE(トルク)」

 TORQUEは、2013年3月に米国で発売したスマートフォンだ。マイナス21~50度の温度範囲で3時間の温度耐久性や塩水耐久性能を備えるなど、過酷な環境下での米国国防総省軍事規格に対応しているのが特徴。高い耐久性を求められる建設業や物流業などの利用を見込む。

 また、従来の端末にある受話口がない代わりに、ディスプレイ部を広範囲に振動させ、音と振動で相手の声を伝える独自機能「スマートソニックレシーバー」を備える。これにより、騒がしい場所でも受話口を気にすることなく、耳全体をスマートフォンで覆うことで相手の声がクリアに聞き取れるとしている。

 約4.0インチのWVGA(480×800)IPS液晶を搭載し、カメラの有効画素数は約800万画素、サブカメラは約130万画素。NFCに対応する。サイズは縦129mm×横69mmm×厚さ13.7㎜、重さは約171gだ。micro SDHCスロットを備える。

 国内市場への投入にあたり、Android 4.2に対応し、カメラを500万画素から800万画素へ変更するなど機能の向上を図った。NTTドコモのネットワークを利用できるほか、LTEサービス「Xi」の接続確認をしており、快適な通信環境で利用できるとしている。

-PR-企画特集