マクセル、最大出力1200Wのハイパワーを持つポータブル蓄電池

加納恵 (編集部)2014年01月23日 17時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは1月23日、ポータブル蓄電池「Energy Station(エナジーステーション)M-PAC01W」を発表した。最大出力1200Wのハイパワーで、液晶テレビであれば約3時間の使用ができる。発売は2月10日。店頭想定価格は17万円前後になる。

  • 「Energy Station M-PAC01W」

 マクセル製リチウムイオンバッテリを搭載し、非常用電源として使用することが可能。燃料式発電機などに比べて騒音がなく、排気レスのため、夜間や室内での使用に最適としている。

 AC電源から給電ができ、充電しながら、接続中の電気機器にAC電源からの外部電源を供給するバイパス出力機能も装備。Energy Stationをもう1台つなげば、使用時間が約2倍になる。

 サイズは高さ268mm×180mm×奥行き386mmで、重量約12kg。5段階のLED表示を備え、電池残量がひと目で確認できるほか、コンセントカバーを開いた状態で30分以上電気機器が使用されていない場合、自動的に出力が停止するオートパワーオフ機能も備える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加