KDDI研究所、米国のパブリックアートプログラムに技術提供

藤井涼 (編集部)2014年01月23日 16時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは1月23日、同グループの研究開発を行うKDDI研究所が、米サンノゼ市の「パブリックアートプログラム」にテクニカルスポンサーとして参加し、同市が提供するオープンデータを分析・活用するための技術を提供することを発表した。

 1984年から続くサンノゼ市のパブリックアートプログラムは、アートによって地域のアイデンティティを築くことを目的としており、今回KDDI研究所は同プログラムのうち、光や映像を使ったアートで街を彩ることをコンセプトとした「イルミネーティングダウンタウンプロジェクト」に参加するとしている。

  • プロジェクションマッピングを活用したサンノゼ市内回遊の活性化(実施イメージ)

 このプロジェクトでは、市内複数箇所でプロジェクションマッピングを展開することで、市内各所における市民・観光客の回遊活性化を長期にわたり目指すという。NPO団体である「ZERO1」 がプロジェクトマネージャーとなり、プロジェクションマッピング技術を欧州アーティスト集団「ANTIVJ」が担当する。

 KDDI研究所は、サンノゼ市の人の流れなどに関するオープンデータや、スマートフォン向け専用アプリを通じて市民が提供するデータを解析し、特に市民・観光客へ効果的に動機付けをして行動の変化を促す「行動変容技術」などを提供する予定だ。

 同社では、シリコンバレーの先進的なプロジェクトに積極的に技術を提供し、今後国内外で拡大が見込まれる行政機関などのオープンデータの分析や活用事業を強化していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加