logo

スマホとの連携強化--コンパクトデジカメ「FinePix」、X100Sに1000セット限定版も

坂本純子 (編集部)2014年01月23日 12時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは1月23日、Wi-Fiを内蔵しスマートフォンと連携できるコンパクトデジタルカメラなど「FinePix」シリーズ6機種を発表した。2月8日より順次販売を開始する。

0.05秒の超高速AF、20倍ズームレンズ搭載「FinePix F1000EXR」

「FinePix F1000EXR」
「FinePix F1000EXR」

 「FinePix F1000EXR」は、広角25mmからのフジノン光学式20倍ズームレンズと1600万画素「EXR CMOS II」センサ、画像処理エンジン「EXR プロセッサーII」を搭載し、0.05秒の超高速AFを特徴とする。

 スマートフォンやタブレットを使って離れたところからでも撮影操作ができる「リモート撮影」機能を搭載。専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」を使い、Wi-Fiで撮影した画像をスマートフォンなどにワンタッチで送信できる。市場想定価格は3万円前後で、発売は2月8日。

50倍ズームレンズ、防塵・防滴仕様の「FinePix S1」

「FinePix S1」
「FinePix S1」

 「FinePix S1」は、広角24mmから超望遠1200mmの明るい光学式50倍ズームレンズと、手ブレ補正機能を搭載。幅広い撮影領域を1台でカバーする。レンズとボディを一体設計し、約70カ所にシーリング加工を施すことにより、防塵・防滴仕様を採用した。

 FinePix F1000EXRと同様にWi-Fiを搭載し、スマートフォンなどを使って離れたところからでも撮影が可能だ。市場想定価格は4万8000円前後で、発売は2月22日。

50倍ズームレンズ搭載--「FinePix S9400W」

「FinePix S9400W」
「FinePix S9400W」

 「FinePix S9400W」は、広角24mmから超望遠1200mmの明るい光学式50倍ズームレンズを搭載。手ブレ補正機能を搭載し、幅広い撮影領域を1台でカバーする超ロングズームを特徴とする。市場想定価格は3万5000円前後で、発売は2月8日。

36倍ズームレンズ搭載、マクロ機能も--「FinePix S8600」

「FinePix S8600」
「FinePix S8600」

 「FinePix S8600」は、広角25mmから超望遠900mmの光学式36倍ズームレンズと手ブレ補正機能を搭載する。広角から望遠、被写体に1cmまで近寄れる「スーパーマクロ」と幅広い撮影領域を1台でカバーする、手のひらサイズで重さ約450gのロングズームデジタルカメラだ。市場想定価格は2万円前後で、発売は2月22日。

レジャー向けタフネスデジカメ--「FinePix XP70」

「FinePix XP70」
「FinePix XP70」

 「FinePix XP70」は、「10m防水」「1.5m耐衝撃構造」「-10℃耐寒」「防塵」の4つのタフネス性能を備えたレジャー向けのデジタルカメラだ。カラーはイエロー、ブルー、オレンジの3色をラインアップする。

 1640万画素のCMOSセンサと、広角28mmからのフジノン光学式5倍ズームレンズを装備。光学式手ブレ補正機能も搭載し、暗いシーンでもシャープで、ブレのないキレイな写真を撮影できるとしている。背面の連写ボタンを押し続けると、最速10コマ/秒で連続10枚までの高速連写ができるほか、天面の動画ボタンを押すと60コマ/秒のフルハイビジョン動画を撮影できる。市場想定価格は2万8000円前後で、発売は2月22日。

「FUJIFILM X100S」に1000セット限定版

「FUJIFILM X100S」
「FUJIFILM X100S」

 このほか、2013年2月に発売したプレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100S」のブラックモデルと、専用のオリジナルアクセサリをセットにした「FUJIFILM X100Sブラックリミテッドエディション」が発表された。

 ボディにマッチする専用のレンズフード、アダプターリング、オリジナルサムレスト・レリーズボタンを同梱する。国内1000セットの限定で、市場想定価格は14万円前後、発売は2月22日。

-PR-企画特集