logo

セキュリティ重視のスマートフォン「Blackphone」が発売へ

Charlie Osborne (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2014年01月16日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーザーが自分の手で直接プライバシーを保ち、通信をコントロールできるとうたう、「Android」搭載の新しいスマートフォンが近々発売される。

 Silent CircleとGeeksphoneは現地時間1月15日、スイスに本拠を置く新しい合弁企業を設立し、監視の目から逃れる機能を搭載した初のスマートフォン「Blackphone」を発売することを明らかにした

 Blackphoneは、セキュリティを重視した「PrivatOS」という名のAndroidビルドを搭載している。このスマートフォンは、どの通信事業者やベンダーからも独立した製品である点を売りにしている。個人および企業ユーザーは、この端末を使うと、プライバシーを危険にさらすことなく、セキュアな通話の送受信やテキストメッセージのやり取り、ファイルの転送や保存、ビデオチャットといった機能を利用できるという。

 Blackphoneはさまざまなセキュリティ専門家や技術者によって開発された。開発陣には暗号化ソフトウェア「Pretty Good Privacy」(PGP)を開発したPhil Zimmermann氏、Geeksphoneの共同設立者Javier Aguera氏、PGP Corporationの共同設立者で、Silent Circleの最高技術責任者(CTO)を務めるJon Callas氏、Geeksphoneの共同設立者Rodrigo Silva-Ramos氏、Silent Circleの最高経営責任者(CEO)で、米海軍の特殊部隊Navy SEALsの元隊員でもあるMike Janke氏などが名を連ねている。

 「私は自らのキャリアのすべてを、セキュリティに優れたテレフォニー製品のリリースに向けた取り組みに捧げてきた」とZimmermann氏は述べている。「Blackphoneは、プライバシーを確保し、自らの通信を確実にコントロールするためにユーザーが必要とするあらゆる機能を提供するとともに、ハイエンドスマートフォンに期待されるその他の機能もすべて搭載している」

 Blackphoneは、バルセロナで開催される「Mobile World Congress」で披露される予定で、2月末には予約注文の受付が開始されるという。端末価格については、今のところ詳しい情報はない。

 Geeksphoneはマドリードに本拠を置き、オープンソースのモバイルソリューションの開発と普及を手がけている。一方、ワシントンD.C.に本拠を置くSilent Circleは、暗号化通信サービスを世界規模で手がけている企業で、セキュアな電子メールサービス「Silent Mail」の提供でよく知られている。ただし、米国で政府当局による盗聴行為が次々と明らかになる中で、同社はこのサービスの終了をすでに決定している。

提供:Blackphone/Screenshot by CNET
Blackphone
提供:Blackphone/Screenshot by CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集