オリンパス、議事録に便利な「文字起こし」モードを搭載--新「Voice-Trek」

加納恵 (編集部)2014年01月15日 18時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは1月15日、ICレコーダー「Voice-Trek」シリーズに、90度アングル構造の指向性ステレオマイクを搭載した「Voice-Trek V-823/V-822/V-821」を発表した。いずれも1月24日に発売する。店頭想定価格はV-823が1万5000円前後、V-822が1万2000円前後、V-821が1万円前後。

 microSD/SDHCカードスロットとV-823は8Gバイト、V-822が4Gバイト、V-821は2Gバイトの内蔵メモリを備え、リニアPCM(44.1kHz/16bit)、MP3、WMAのファイルフォーマットをサポートする。

 上部に内蔵されたマイクは、高感度指向性マイクを90度の配置することで、話者の方向や距離感をよりリアルに捕らえ、臨場感のある録音が可能 。V-823のみ、マイクの指向性を10段階から調整できるズームマイク機能も内蔵する。

 録音データの中から音声が記録されている部分のみを抽出して再生する「声だけ再生」機能と、再生を止めると自動的に3秒戻るほか、再生中の早送りが3.5倍速(V-821は2倍)になる「文字起こし」モードを備え、文字起こし時に便利に使えるとしている。

 サイズは高さ101mm×幅40.6mm×奥行き15.1mmで、重量約54g。単4形乾電池1本で駆動し、アルカリ乾電池を使えば最長37時間の稼働ができる。

  • 「Voice-Trek V-823」

  • 「Voice-Trek V-822」

  • 「Voice-Trek V-821」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加