logo

ソニー、「Xperia T2 Ultra」「Xperia E1」を発表

Nick Hide (CNET UK) 翻訳校正: 編集部2014年01月15日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは英国時間1月14日、新しい「Android」ファブレット「Xperia T2 Ultra」とミッドレンジの「Xperia E1」を英国で発表した。

 E1はミッドレンジの4インチAndroidスマートフォンで、233ppiのスクリーン、Qualcommの1.2GHzのデュアルコアプロセッサを搭載する。また、512MバイトのRAM、音楽や映画、アプリ、スナップ写真などを保存できる4Gバイトのストレージも備える。4Gはサポートしないが、HSPA+経由でウェブに接続することは可能だ。

 一方、T2 Ultraは6インチ、720pのスクリーン、1.4GHzの「Snapdragon」クアッドコアプロセッサ、1GバイトのRAMを搭載する。13メガピクセルのメインカメラ、ビデオチャット用の1.1メガピクセルの前面カメラも備える。ストレージは8Gバイト、バッテリ容量は3000mAhだ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集