パナソニック、ワイプ撮りもできる新ビデオカメラ--新センサ&エンジンで高画質

加納恵 (編集部)2014年01月09日 17時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは、独自の「4ドライブレンズシステム」を搭載したビデオカメラ「HC-W850M/V750M」(W850M/V750M)を発表した。コンパクトボディながら光学20倍ズームを実現する。発売は2月20日。店頭想定価格はW850Mが11万円前後、V750Mが9万円前後になる。

  • 「HC-W850M」

 4ドライブレンズシステムは、3つのズームレンズと1つのフォーカスレンズを個別のモータで動作制御する新技術。高画質・高倍率ズームとボディの小型化を両立できる。

 W850M/V750Mではこの新技術に、総画素1276万の裏面照射型1/2.3型MOSセンサと処理速度を大きく引き上げた「クリスタルエンジンPRO+(プラス)」を組み合わせることで、高精細化・高感度化を実現。夜景などの暗いシーンでもノイズを抑え、高画質撮影ができる。

  • 「HC-V750M」

 上位機となるW850Mのみ、液晶ディスプレイの側面に回転式のサブカメラを搭載し、サブカメラで撮影した映像は、画面上に小窓(ワイプ)表示することが可能。同じ方向のアップと遠景、正面と横、被写体と撮影者など2つの場面を同時にとらえるなど、自由度の高い撮影ができる。

 本体にはWi-Fiを内蔵し、専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールしたスマートフォンと組み合わせて「ベビーモニター」として使えるほか、動画からベストショットを切り出し写真にしてSNSにアップロードする「おまかせフォトコラージュ」、静止画で一連のスライドショーが作れる「かんたんコマ撮りモード」を装備。「お部屋ジャンプリンク(DLNA)」にも対応し、記録した動画を対応テレビでワイヤレス再生することもできる。

 AVCHDフォーマットのほか、MP4/iFrameでの撮影もでき、広角29.5mmから光学20倍、iAズーム50倍のズーム撮影を実現。補正範囲を約2倍に引き上げた「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」により、傾きや手ブレを強力に補正する。

 W850Mは64Gバイト、V750Mは32Gバイトのメモリを内蔵し、SD/SDHC/SDXCカードスロットも装備。サイズは高さ73mm×幅65mm×奥行き161(V750Mは141)mmで、重量約362(V750Mは約354)gになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加