LINE、知らない番号を着信拒否できるアプリ「LINE whoscall」を提供

藤井涼 (編集部)2014年01月09日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは1月9日、無料通話・メッセージアプリ「LINE」の周辺サービスとして、台湾のスマートフォンアプリ開発会社Gogolookが開発するアプリ「whoscall」を「LINE whoscall(ライン フーズコール)」としてAndroid向けに公開した。価格は無料。

  • 「LINE whoscall」のイメージ

 whoscallは、世界で600万ダウンロードを超えるアプリで、台湾や香港、インドネシア、マレーシアなど8カ国のGoogle Playで「Google Best Apps 2013」に選定されている。LINE whoscallは、whoscallのインターフェースをLINEユーザー向けに刷新したアプリで、知らない番号からの電話やSMSの発信元情報の着信を拒否できるという。

 具体的には、イエローページなどで企業や店舗などが一般公開している電話番号を中心に、世界6億件以上の電話番号を集約したデータベースを活用し、知らない番号からの電話やSMSの着信時に自動で識別して画面に表示する。これによって初めて着信した電話番号でも、電話に出る前から企業や店舗からの着信なのか、迷惑電話と思われる番号からの着信なのかが確認できる。

 迷惑電話として識別した着信は、LINE whoscallのブロックボタンを押すだけで着信拒否ができ、2度とその電話番号からの着信を受け付けないよう設定できる。データベースを事前にスマートフォンにダウンロードしておけば、オフライン環境でもリアルタイムに発信者情報を識別し、着信拒否することができるという。

 なおLINE whoscallでは、アプリ内にスマートフォンのアドレス帳を連携させることで「知人からの着信」を表示させるが、日本国内での利用において、アドレス帳内のデータがLINEやGogolookのサーバに収集することはないとしている。


「LINE whoscall」のウェブサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加