logo

ソニーの「PlayStation Now」、プレイした感想と今分かっていること

Matthew Moskovciak (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年01月08日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、ラスベガスで開催中の2014 International CESの基調講演で「PlayStation Now」を発表した。そのわずか1時間後、展示会場ではこのストリーミングゲームサービスのデモが実施されていた。

 発表の場では詳細についてほとんど語られなかったものの、ソニーの担当者はPlayStation Nowについていくつかの重要な事実を明確にしてくれた。

  • レンタルとサブスクリプションという2つのプランが提供される。
  • 当初は「PlayStation 4」と「PlayStation 3」、「PlayStation Vita」、同社のテレビ「BRAVIA」(2014年モデル)がサポートされ、ゆくゆくは他のプラットフォームもサポートされるようになる。
  • PlayStation 3向けのゲームはサービス開始時からサポートされるものの、それよりも古いゲーム(つまり「PlayStation 2」向けや「PlayStation」向けのゲーム)について、今のところ発表することはない。
  • ゲームは720pの解像度でストリーミングされる。
  • ゲームはクラウド上に保存できるため、あるデバイスでゲームをプレイした後、他のデバイスでその続きをプレイすることができる。
  • PlayStation Nowでは、マルチプレーヤーゲームのプレイだけではなく、ディスクを用いてゲームしている相手とのプレイも可能になる。
  • 5Mbpsのブロードバンド接続が推奨される。

 ソニーは自社ブースにおいて「The Last of Us」や「God of War: Ascension」「Puppeteer」「BEYOND: Two Souls」のデモを実施していたものの、利用可能になるゲームのラインアップはまだ公式に発表していない。また同社は、PlayStation Nowの利用に「PlayStation Plus」アカウントが必要になるかどうかも明らかにしていない。

 ソニーのブースでは、同社のBRAVIAテレビとPlayStation Vitaを用いたPlayStation Nowのデモが行われていたため、筆者は「The Last of Us」と「God of War: Ascension」を少しの間プレイしてみた。総合的に見ると、レイテンシはほとんど気にならなかった。ゲームプレイの間、ちょっとした遅延を数回感じたものの、それ以外ではレスポンス面で問題を感じなかった。

 画質の方はもう少し差が目立ち、観察力に優れたゲーマーであれば画質がソフトになっている点や、ブロックノイズの存在にすぐに気付くだろう。とは言うものの、レイテンシや画質に関するこういった点は、筆者にとってゲームにのめり込むうえでの「十分なレベル」をクリアできていたため、数分間プレイするだけですぐに気にならなくなった。

 まとめるとこのサービスは、2012年にGaikaiを買収したソニーのストリーミングゲームに対する野望の展開として素晴らしいものだと言える。PlayStation Nowのサービス開始は2014年夏に予定されており、そのベータプログラムは米国で1月末から開始されることになっている。


PlayStation Nowで「The Last of Us」をストリーミングしている様子。
提供:Matthew Moskovciak/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集