logo

講談社、Facebookで元旦広告--国内出版社初、進撃の巨人で世界各国へ

坂本純子 (編集部)2014年01月01日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講談社は1月1日0時より、国内及び海外9つの国と地域に向け「元旦Facebook広告」を開始すると発表した。進撃の巨人を翻訳出版している日本、台湾、韓国、香港、タイ、インドネシア、米国、イタリア、フランス、スペインで展開される。

日本語版(c)諫山創/講談社
日本語版(c)諫山創/講談社

 広告のメインビジュアルには、いま世界規模で人気を集める「進撃の巨人」が登場する。各国語で「人類は団結して巨大な敵と戦うべきである」というキャッチとともに、巨人に挑みかかる調査兵団の姿が広告に描かれている。

 広告から誘導する進撃の謹賀新年サイトでは、各国語のメッセージをFacebookやTwitterでシェアすると調査兵団が巨人の弱点である“うなじ”に切りかかるアクションが楽しめる。複数の言語でシェアすると、巨人に変化が起きるかもしれないという。

 大手出版社の多くは元旦の新聞に広告を出している。独自色のあるコピーや人気キャラクターを起用したりして話題になることもある。講談社によれば「新聞に加え、2014年は国内の出版社としては初めてとなるFacebookを用いた元旦広告を世界各国に配信し、講談社からの新年のメッセージと進撃の巨人の魅力を各国の人々へ届けたい」としている。

  • 中国語

  • 韓国語

  • タイ語

  • インドネシア語

  • 英語

  • フランス語

  • イタリア語

  • スペイン語

  • 進撃の謹賀新年サイト

-PR-企画特集