[ウェブサービスレビュー]マルチプラットフォームに対応した高機能オンラインノート「Quip」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Quip
内容:「Quip」は、ブラウザ上で手軽に文書を作成できるオンラインノートサービスだ。マルチプラットフォームに対応しておりスマートフォンからも閲覧や編集などが行えるほか、複数メンバーでのコラボレーションにも向いている。
  • 「Quip」トップページ。左列に文書の一覧、右にサムネイルが表示される

 「Quip」は、ブラウザ上で手軽に文書を作成できるオンラインノートサービスだ。マルチプラットフォームに対応しておりスマートフォンからも閲覧や編集などが行えるほか、複数メンバーでのコラボレーションにも向いている。

 ログインすると表示される「デスクトップ」は左列に文書の一覧、右がサムネイル表示という構成。個々のサムネイルをダブルクリックすれば編集画面に移行する。文書は見出しのほか、箇条書きや連番などのフォーマットが用意されており、テキストエディタというよりはWordなどワープロソフトに近い使い勝手だ。またプレーンテキスト以外に画像や表、リンクなどさまざまな要素を記入できる。

  • 「+」マークをクリックすると新規文書を作成できる。左列には作成日時や編集内容といった履歴が記録される

  • 既存文書のサムネイルをクリックすると編集が可能になる。これは見出しのサイズを選んでいるところ

  • 箇条書きや連番付与のほか、チェックリストの挿入も可能

 編集を終えて文書を保存すると、デスクトップ左列の文書一覧でいちばん上に繰り上がって表示される。各文書はフォルダで分類することができるので、大量の書類を管理するのもたやすい。Dropbox、Evernote、Googleドライブからのインポートのほか、任意のファイルをアップロードすることもできるので、他サービスからの移行も容易だ。

 さらに共有機能も用意されているので、メンバーを招待してコラボレーションを行うのにも向いている。開封確認機能なども用意されているほか、メンバーとはサイト上でメッセージのやり取りも可能だ。

 また本アプリの大きな特徴であるマルチプラットフォームについては、iPhoneやAndroidアプリなどが用意されており、基本的なデザインや挙動が統一されていることから、シームレスに利用できる。老舗のサービスにありがちなつぎはぎ感がないのは、後発サービスならではの利点と言えるだろう。

 共有機能や招待機能があまりにも前面に押し出されすぎていて、個人で使っていると落ち着かないことや、データのエクスポート機能が用意されていない点はやや気になるが、デザインも洗練されており、広告などもないため無料でありながらストレスもたまらない。さまざまなプラットフォームで利用できるオンラインノートサービスを新たに探しているのであれば、一押しのサービスと言っていいだろう。

  • 表も追加できる。色の設定や、各セルにリンクを貼ることも可能

  • 画像の貼り付けも可能。これはローカルの画像をアップロードしたところ

  • ほかの文書にリンクしたり、ウェブページへのリンクを貼ることも可能

  • PDFに変換してダウンロードすることも可能だが、漢字の一部が中国語フォント(ShanHeiSun-Uni‎)になるため対外用途で使うのはやや不向き

  • フォルダを作って分類できるので、大量の書類も見やすく整理整頓できる

  • Dropbox、Evernote、Googleドライブからのインポートや、任意のファイルのアップロードが可能。テキストデータ以外にWordファイルなどもアップロードできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加