logo

グーグル、「Chrome Web Store」でのツールバー提供を中止へ--ポリシーを変更

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一 (ガリレオ)2013年12月21日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Chrome Web Store」からツールバーやその他「多用途の拡張機能」を取り除こうとしている。Chromeブラウザのインターフェースをすっきりとしたものにし、ユーザーが予想外の不快な思いをするのを防ぐためだ。

 今回の変更は多くの拡張機能プログラマーを混乱させるだろうが、Googleは2014年6月まで既存の拡張機能の提供を認めるとしている。新たな拡張機能については、直ちに新しい規定に従わなければならない、とChrome担当エンジニアリングディレクターのErik Kay氏は述べている。

 Kay氏は米国時間12月19日のブログ投稿で次のように書いている。「Chrome Web Storeの拡張機能は、範囲が絞られて理解しやすい単一用途のものでなければならない。Chrome拡張システムにはこれまで常にそうした意図があったが、すべての拡張機能がこの理想に沿っているわけではない。多用途の拡張機能は、ブラウザUIを占有し、ユーザーのウェブブラウジングの速度を遅くする可能性があり、場合によっては、大幅に低下する恐れがある」

 Googleは、特にツールバーを問題視した。同社はChromeにツールバーを組み込めないようにしようとしたが、拡張機能のシステム上、根本的にブロックすることは技術的に不可能だったため、代わりにポリシーを変更することにした。

 Googleは一般に、中央でソフトウェアを承認することによって管理する方式より、ユーザーレビューによって結果が決まるオープンなアプリストアを好む。しかし、比較的オープンなアプローチをとりながらも、同社は、自ら管理したいエコシステムがあること、そして、ハイテク業界には「壁で囲った庭」がいまも存在すると考えていることを依然として示している。

 Googleは、今回の変更により、一部のプログラマーが困難を抱えることになるのは承知している。「個々の拡張機能に分割しなければならないケースも考えられる。開発者は、収益化のために別のアプローチに移行する必要が出てくるかもしれない」と、Kay氏は述べた。

Googleは、Chromeブラウザがブラウザツールバーによって煩雑になるのを禁止したいと思っている。
Googleは、Chromeブラウザがブラウザツールバーによって煩雑になるのを禁止したいと思っている。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集