2013年のモバイル利用、InstagramがTwitterを上回る--ニールセン調査

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年12月18日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社Nielsenが新たに公開したデータによると、スマートフォン上では、Facebook傘下のInstagramが、Twitterよりも利用者数で上回っているという。TwitterはInstagramにとってソーシャルネットワーキング分野の競合であり、同社の買収を検討していた企業でもある。

 Nielsenはスマートフォンアプリのトップ10でInstagramを7位にランク付けし、月間平均ユニークユーザー数はおよそ3200万人だとしている。またInstagramは2013年に最も速いペースで成長したアプリであり、そのユーザー数は前年と比べると66%増加しているという。

 一方、Twitterはこのランキングで10位につけており、月間平均ユニークユーザー数は3080万人となっている。

 今回のNielsenの調査では、2013年1月から10月までの期間で「iOS」アプリや「Android」アプリを利用した18歳以上の月間平均ユニークユーザー数の値を基にしている。

 公式に発表されているユーザー数としては、Instagramは月間アクティブユーザー数が1億5000万人、Twitterは同2億3000万人以上となっている。これらの数値は、TwitterがInstagramを大きくリードしていることを示しているが、Nielsenによる2013年の調査からは違った状況が見えてくる。

 驚くには値しないが、Nieslenの調査では、Facebookが最もよく利用されたスマートフォンアプリの栄光を獲得している。FacebookはiOSアプリとAndroidアプリを通じた月間平均ユニークユーザー数が1億340万人となっており、2013年の王座に輝いた。ただしFacebookのより大きな勝利は、10億ドルで買収したInstagramによるものであることはほぼ間違いない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加