ARアプリ「セカイカメラ」がサービス終了--2014年1月まで

藤井涼 (編集部)2013年12月17日 17時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「セカイカメラ」

 頓智ドットは12月17日、ARアプリ「セカイカメラ」の提供を2014年1月22日をもって終了することを発表した。今後は位置情報共有サービスの「tab」に注力するとしている。

 セカイカメラは、スマートフォンのカメラから見える風景に、その地点の情報を重ねて表示するARアプリ。2009年から提供しており、au携帯電話向けの「セカイカメラZOOM」やARゲームプラットフォーム「セカイアプリ」なども提供していた。

 サービス終了後は、登録したアカウント情報や投稿した「エアタグ」などの情報は、すべて削除されるという。なお、過去に投稿した自身のエアタグのデータについては、KML形式(地理情報システムのデータ形式)でエクスポートできるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加