ビデオリサーチ、Twitterと協業で「Twitter TV指標」提供へ--2014年6月から

加納恵 (編集部)2013年12月10日 18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオリサーチと米Twitterは、Twitter上でのテレビ番組への反応を測る「Twitter TV 指標」の提供に向け、協業して取り組むことで合意したと発表した。2014年6月に提供を開始する。

 Twitter TV 指標は、「ツイートの投稿数」「ツイートしたユーザー数」「インプレッション数」「インプレッションユーザー数」などから構成され、Twitter上でのテレビ番組への反応を測ることができるというもの。国内では初めて提供することになるという。

 ビデオリサーチでは、テレビとTwitterの関係を考える視点を大きく2つから捉えており、1つは「Twitterによるテレビ視聴への誘引効果」。他者に影響を及ぼすという観点から、ツイートの投稿数よりも表示数が適していると考え、インプレッションはツイートの到達を示す、影響度合いの把握に寄与するという。もう1つは「番組コンテンツの価値を探ること」で、これはツイートの密度や構造、内容などを俯瞰的に確認する必要があるとのことだ。

 従来はハッシュタグを基準とした指標の整備を目指していたが、ハッシュタグを用いないツイートも多数存在することから、ハッシュタグとキーワードの両者を用いたツイートの取得に切り替える。同社では、テレビ番組だけでなくテレビCMやタレントのし表開發なども実施していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加