logo

アイドルマスター好きな記者が独断と偏見で振り返るGREE「ミリオンライブ!」

佐藤和也 (編集部)2013年12月27日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコゲームスが展開している「アイドルマスター」シリーズのGREE向けソーシャルゲームとして、2月からサービスを行っている「アイドルマスター ミリオンライブ!」。3月に本作のインプレッション記事を掲載したが、改めて記者の独断と偏見で振り返る。

 本作では、プレイヤーが芸能事務所765プロに所属するプロデューサーとして、同事務所で活動する50名のアイドルたち「765 MILLIONSTARS」(ミリオンスターズ)をプロデュース。各地での営業や合同フェスでライバルたちとのアピール合戦などの活動を行い、アイドルたちの活動拠点である765プロライブ劇場を発展させ、彼女たちをトップアイドルへと導くことを目的としたソーシャルカードゲームだ。

 本作の特徴として、合同フェスでのデッキとは別にユニットを結成しファンを増やしていくことも目的としている。そしてユニットとして設定するアイドルは、チュートリアルさえ終了すれば50人のアイドル全てから自分好みに3人を編成することが可能。ボイスも初期段階から全キャラクター分を収録している(※ボイス再生機能はスマートフォンのみ対応)。基本的なシステムや流れは変わっていないため、詳細は前述のインプレッション記事を参照してほしい。

  • メイン画面。音声をオンにした状態でアイドルをタップすると喋ってくれる。センターやライト、レフトの位置設定も任意で可能

  • 登場するカードのイラストは、テレビアニメや劇場版「アイドルマスター」を手がけるA-1 Picturesが新規で描き下ろししている。ガシャやゲーム内イベントなどで入手できる

  • 合同フェスではBPを消費することでアピールを行う。セットしたデッキによって多様な連携スキルが発動する

ショートストーリー作成機能「ドラマシアター」やアイドル別会議室設置などの意欲的な取り組み

 サービス開始から約10カ月が経過。カード系のソーシャルゲームによく見られるようなゲーム内イベントの開催や新規カードの追加によって、キャラクターの個性や関係性も少しずつ見えるようになった。また「思い出」という形で過去のイベントをいつでも振り返る機能も実装された。ほかにもサービス開始とほぼ平行して、ニコニコ生放送によるラジオ番組や、アイドルたち数人にスポットあてたCD「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE」(LTP)シリーズを定期的にリリースするなど、ゲームの内外で世界観を広げる取り組みを行っている。

 追加機能や仕様においての取り組みもユニークなものが見られ始めた。交流の部分ではソーシャルゲームでよくあるフレンド機能やラウンジ、カード交換のトレードやバザーのほかにも、コンベンションセンターというコミュニティスペースをゲーム内に設けた。アイドル別に会議室が用意され、掲示板のような形でコメントを残すことができる。会議室の雰囲気はそれぞれのアイドルが持つ個性や雰囲気が反映されているように見受けられる。

  • ゲーム内イベントもさまざまな形で開催。必要な元気量を明示してわかりやすくしたものも

  • カードをレッスンptに変換し、レッスン時の素材カードとして使うことも可能。所持カードの空き枠が少ないときなどに便利だ

  • アイドルの詳細ページでポーズや衣装も確認できる。当初はメイン画面の小さいものだったが、途中から名前入りで大きく表示されるようになった

  • これまでの営業や劇場のレベルアップ時、イベントでのショートストーリーがアーカイブとして見ることができる思い出。アイドル同士の掛け合いをいつでも楽しめる

  • お気に入りのアイドルについて語ることができるコンベンションセンター。プッシュ中のアイドルは、会議室に行きやすいようにトップにくる

  • オーディオルームのLTP視聴コーナー。楽曲やドラマパートの冒頭部分が視聴できる(スマートフォンのみ)

 さらに12月には、営業やゲーム内イベントのショートストーリーと同内容のものを、自ら作成することができる「ドラマシアター」機能を実装した。これはアイドル3人を選び、紙芝居のように自ら考えたセリフによって掛け合いややりとりを楽しむというもの。表情やBGMも選択可能だ。

 作成したドラマはゲーム内で公開できるほか、コメントの投稿を行うこともできる。一定のガイドラインがあるものの、二次創作的なショートストーリーの制作・公開する場を公式に設けたのは、意欲的な試みに映る。現在のところベータ版でのサービスで、ドラマ作成はスマートフォンのみに限られている。また今後アップデートも予定されている。

  • まずミリオンスターズのアイドルから出演者3人を選択

  • 次に衣装とロケ地を選択。衣装は一部を除き、カードで入手した衣装が選択できる

  • 台本作成としてタイトル、アイドルがしゃべるセリフを入力し、表情も選択する

  • BGMも付けることができる。現在のところはオーディオルームで視聴できるLTPのトラックから選択可能

  • ガイドラインはあるものの、思い通りのセリフや掛け合いが展開。BGMの再生は任意となっている

  • コメントの投稿や閲覧も可能。URLも用意されているため、外部SNSなどからの誘導もできるが、閲覧にはゲーム登録をしている端末が必要

-PR-企画特集