ラトック、MiracastとWiDi対応のディスプレイアダプタ--スマホ内の映像をワイヤレス出力

加納恵 (編集部)2013年12月06日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ScreenBeam Pro REX-WDTV1」

 ラトックシステムは12月5日、MiracastとWiDiに対応したワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Pro REX-WDTV1」(WDTV1)を発表した。スマートフォンやタブレット内の映像を、HDMI信号に変換してテレビやプロジェクタに出力できる。発売は12月下旬。価格は1万920円になる。

  • 背面

 WDTV1は、Miracastに対応したスマートフォンや、WiDiに対応したPCやタブレット内などにあるコンテンツをワイヤレスで受信し、HDMI経由でテレビやプロジェクタに出力するアダプタ。フルHD、HDCP、5.1chに対応し、著作権保護された映像コンテンツも出力することが可能だ。

 高さ20mm×幅78mm×奥行き75mmで、重量約60gのコンパクトサイズ。USB端子を設け、キーボードやマウスを接続して使うこともできる。テレビやプロジェクタ接続用に約100cmのHDMIケーブルを付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加