logo

フォトレポート:東京モーターショーに登場した未来の自動車

Tim Hornyak (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年12月05日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京モーターショー2013では、数々のコンセプトカーが展示された。

 トヨタ自動車は、全長3000mmの「TOYOTA FV2」など複数の自動車を披露した。FV2は運転席上部がハッチになっている1人乗り自動車だ。

 FV2はドライバーと物理的かつ直感的につながった未来の馬のように設計されており、ハンドルは付いていない。その代わりに、FV2はドライバーの動き、例えば前後や左右への動きに反応する。

 一方、外装はタッチパネルディスプレイで覆われており、自由に変えることができる。内部では、拡張現実(AR)のフロントガラスにナビゲーションデータや安全に関する警告などの情報が表示される。
Scroll Right Scroll Left

 東京モーターショー2013では、数々のコンセプトカーが展示された。

 トヨタ自動車は、全長3000mmの「TOYOTA FV2」など複数の自動車を披露した。FV2は運転席上部がハッチになっている1人乗り自動車だ。

 FV2はドライバーと物理的かつ直感的につながった未来の馬のように設計されており、ハンドルは付いていない。その代わりに、FV2はドライバーの動き、例えば前後や左右への動きに反応する。

 一方、外装はタッチパネルディスプレイで覆われており、自由に変えることができる。内部では、拡張現実(AR)のフロントガラスにナビゲーションデータや安全に関する警告などの情報が表示される。

提供: Tim Hornyak/CNET

-PR-企画特集