バンナムグループ6社プロジェクト「バディ・コンプレックス」--スマホゲーム化も

佐藤和也 (編集部)2013年12月02日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコホールディングスは12月2日、子会社6社が企画段階から参加したオリジナルテレビアニメ「バディ・コンプレックス」の放送を発表した。

 このアニメにはバンダイビジュアル、サンライズ、バンダイナムコゲームス、ランティス、バンプレスト、バンダイチャンネルのグループ6社が製作委員会として企画段階から参加。各社の得意分野において商品展開やプロモーション展開での連携を図り、相乗効果により作品の魅力をアピールしていくとしている。

 放送は2014年1月5日からTOKYO MXにて放送を開始し、読売テレビ、テレビ愛知、BS11でも順次放送を開始していく。またテレビの本放送開始前の12月29日には、TOKYO MXで第1話の先行放送や、バンダイチャンネルでの先行配信を実施する。

 なおバンダイナムコゲームスは、スマートフォン向けゲームを2014年に配信予定。ゲーム向けの公式サイトを開設し、事前登録を開始した。

  • テレビアニメキービジュアル

    (C)SUNRISE/BUDDY COMPLEX COMMITTEE

  • スマホゲームティザービジュアル

    (C)SUNRISE/BUDDY COMPLEX COMMITTEE  (C)2013 NBGI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加