宇宙で迎える感謝祭--国際宇宙ステーションでの食事風景 - 2/7

CNET News staff  翻訳校正: 編集部2013年11月29日 14時51分
 キッチン、またはISSでは「ギャレー」(調理室)として知られる部屋は、給水器とオーブンを備えたモジュール式ユニットになっている。水を加えて食品を元の状態に戻したら、次にオーブンで食べられる温度まで温める。

 宇宙飛行士の膝上に固定されるか、壁面に取り付けられるトレーは、食品パッケージを保持して空中に浮遊させないようにするために使われる。トレーがなければ、1つの容器の中身をすっかり食べきってからでないと、次の容器を開けられないことになる。
Scroll Right Scroll Left

 キッチン、またはISSでは「ギャレー」(調理室)として知られる部屋は、給水器とオーブンを備えたモジュール式ユニットになっている。水を加えて食品を元の状態に戻したら、次にオーブンで食べられる温度まで温める。

 宇宙飛行士の膝上に固定されるか、壁面に取り付けられるトレーは、食品パッケージを保持して空中に浮遊させないようにするために使われる。トレーがなければ、1つの容器の中身をすっかり食べきってからでないと、次の容器を開けられないことになる。

提供: NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]