logo

ソニー、ハイレゾ音源が描くアートイベント「オンガクの結晶」を開催

加納恵 (編集部)2013年11月28日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは、ハイレゾ音源対応「ウォークマン」とクラドニ図形を用いたアートイベント「オンガクの結晶~ULTIMATE EXPERIENCE~」を開催する。12月5~8日、東京・六本木の東京ミッドタウン ガレリアにて行う。

 クラドニ図形とは、高帯域の音源によりさまざまに姿を変える振動を、特殊技術を用いて波紋形状として可視化するもの。別名「神の指紋」とも呼ばれている。会場内ではウォークマンとクラドニ図形を発生させる装置を組み合わせることで、図形の変化、光と音のコラボレーションが楽しめる。

 あわせて「ウォークマン ZX1/F880シリーズ/M500シリーズ/F780シリーズ」の展示&試聴コーナーも設置。12月7日発売のZX1をいち早くチェックできる。

 イベントに先駆け、ウォークマンのウェブサイト「LOVE MUSIC」公式YouTubeチャンネルでは、クラドニ図形が見られるスペシャルムービーを公開している。

  • ハイレゾ音源を波紋形状として可視化できる

  • ウォークマンを中心に波紋があらわれる

  • いろいろな模様があらわれるという

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集