スマホのカメラ使った遠隔見守りアプリ「Rusuban Cam」--不要な端末を再利用

藤井涼 (編集部)2013年11月27日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モルフォは、スマートフォンのカメラ機能を使った遠隔見守りアプリ「Rusuban Cam」をiOS向けに公開した。Androidアプリは12月に提供する予定。価格は月額300円程度となるが、2014年2月までは無料で提供する。

  • 「Rusuban Cam」の利用イメージ

 Rusuban Camは、自宅に設置したスマートフォンやタブレット端末のカメラで撮影した画像を、外出先のスマートフォンから閲覧できるサービス。手軽に外出中の自宅の監視や、ペットや子供、独り暮らしのお年寄りの見守りなどが可能になるとしている。同社では、機種変更などによって使わなくなったスマートフォンを、Rusuban Camに再利用してもらうことを想定している。

 撮影モードは、定期的に撮影するモードと、モルフォの動き検出技術を使って被写体の動きを検知した場合に撮影するモードの2つを用意。撮影された画像は瞬時にサーバに保存され、外出先のスマートフォンから時系列で確認できる。また、パスワードではなくQRコードを使って撮影用と閲覧用の端末をつなぐため、安全性も高いとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加