logo

[ブックレビュー]楽観的なのは良いのか悪いのか?--「脳は楽観的に考える」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柏書房
詳細:単行本 / 330ページ / 柏書房 / 価格:2625円 / 著者:ターリ・シャーロット / 監修:Tali Sharot、斉藤 隆央 / 発売日:2013/07/ 外形寸法 (H×W×D):19.0cm×13.4cm×3.2cm / 重量:0.5 kg
内容:「自分だけは大丈夫」と人は誰でも考えてしまいがちだ。しかしそれには何の根拠もなく、人間が持つ「楽観性」に拠るもの。なぜ人は楽観的にものを見てしまうのか。それはメリットなのかデメリットなのかを考える。
Amazon.co.jpアソシエイト

 人はなぜか、自分だけは交通事故にあったり、病気にあったりするわけがないと考える。楽観的すぎだ。しかし「なんとかなるだろう」と楽観的に思わなければ、未知の場所に行くこともできず、新しいことに挑戦することもできない。人間の持つ「楽観性」の不思議だ。いったい楽観性とはなんなのだろう。

 著者のターリ・シャーロット氏は、数多くの実験と事象の研究により、楽観性の正体を解明しようとしている。結局のところ、楽観性は脳による錯覚ではあるが、ではなぜ人間はそのような錯覚を起こすのだろうか。謎は深まる。

 錯覚や固定観念によって、人あるいは動物が、どれほど惑わされやすい生き物であるかを証明する実験が、本書では次から次へと示される。実験の分析結果を知ることが、すぐに何かの役に立つということはないかもしれないが、それを知ることによって、日々の選択の中で納得のいかなかったことに答えを出せる可能性はある。

 多少の楽観性は、生きていく上で必要ではあるが、楽観的すぎれば、事故を招いたり、自分の健康を危険にさらしたりすることにもなりかねない。脳が起こす体への影響を理解することで、そのような最低限のリスクを回避できるかもしれないのだ。

-PR-企画特集