不動産業務支援を手掛けるイタンジ、グロービスやニッセイなどから総額3億円を調達

浅賀美東江 岩本有平 (編集部)2013年11月22日 18時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタンジは11月22日、グロービス・キャピタル・パートナーズ、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタルを割当先とする、総額3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

 資金調達は、経営基盤の強化とシステム開発人員の拡充、サービスの利便性向上、マーケティングの強化等に充てる予定だ。

 イタンジは、管理会社、元付会社からの情報掲載に限定した賃貸情報ポータルサイト「HEYAZINE」を運営。3月からサービスを開始し、約9カ月で2000店舗の登録がある状況。

 また同時に、不動産会社向けに物件管理や顧客管理、業者間流通機能を提供するクラウド型業務支援システム「REcS」も提供している。REcSは11月より、業者間流通機能(ベータ版)を追加。また、無料で基本機能を利用できるフリープランの提供を開始した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加