logo

未来の自動車は“目”で操る?--トビーの視線入力がコンセプトカーに採用

加納恵 (編集部)2013年11月21日 16時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 三菱電機のコンセプトカー「EMIRAI 2」

 アイトラッキング技術を有するトビー・テクノロジー・ジャパンは11月21日、同社が提唱する次世代ナチュラルユーザーインターフェース「視線入力」が、三菱電機のコンセプトカー「EMIRAI 2」に搭載されたと発表した。

 EMIRAI 2は、10年先を見据えて開発されたコンセプトカー。11月22日から12月1日まで、東京ビッグサイトにて開催されている「東京モーターショー2013」の三菱電機ブースに展示されている。

 視線入力は、目の動きを使用して直感的なインターフェースを提供するというもの。手を使った動作に比べ、より素早くシンプルで直感的な操作が可能だ。EMIRAI 2では、視線方向によりヘッドアップディスプレイの表示内容を切り替える方法として活用されている。

 トビー・テクノロジー・ジャパンでは、視線入力を自動車のほか、PCやタブレット、ゲーム、医療、セキュリティなど、BtoB、BtoCの様々な分野の製品に組み込むことができるとしている。

-PR-企画特集