logo

グーグル、バグ発見報奨金プログラムを拡大--「Android」も対象に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月21日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社のバグ発見報奨金プログラムを拡大し、「Android」も対象に加えた。

 このプログラムは「Google Chrome」を対象として開始され、その後Googleのウェブサイトや、その他のオープンソースソフトウェアプロジェクトにも適用されるようになった。このプログラムでは、セキュリティホールの発見者に報奨金を支払っている。金額は数百ドルの場合が多いが、特に技巧をこらした攻撃の場合には大きく跳ね上がる。例えば、Pinkie Pieというエキスパートに先週支払われた報奨金は5万ドルだ。

 Googleのセキュリティチームに籍を置くMichal Zalewski氏は米国時間11月18日付のブログ投稿で、適用範囲を拡大したこの「Patch Reward Program」というプログラムがAndroidも対象に含めるようになったことを伝えている。

 また、Zalewski氏によると、このプログラムは「Apache HTTP Server」や「nginx」、「lighttpd」という、広く利用されている3つのウェブサーバ製品も対象とするようになったという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集