東芝、薄さ46mmのスリム&コンパクトなBDレコーダー--USB HDDにW録画も

加納恵 (編集部)2013年11月20日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は11月19日、BDレコーダー「レグザブルーレイ」に高さ46mmの薄型モデル2機種「DBR-Z420/Z410」を追加した。11月22日に発売する。店頭想定価格は、HDD容量が1TバイトのZ420が7万5000円前後、500GバイトのZ410が6万5000円前後になる。

  • 「DBR-Z420」

 両機種ともに、地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載し、2番組同時録画が可能。USB HDDは4台まで同時接続ができる。長時間録画のAVCモードは、2番組同時に使用でき、USB HDDに2番組同時にAVC録画することも可能だ。

 一新された操作画面は、アイコンの色分けやコントラスト、番組タイトルが太字で見やすい画面デザインに変更された。リモコンのスタートメニューボタンを押すと、大きな文字とイラストによるわかりやすいアイコン表示のメニュー画面が現れ、わかりやすい操作を追求したとしている。

 電源ボタン、番組表などの機能ボタンを押すと約1秒で起動する「瞬速起動」を搭載。瞬速起動は使用頻度の高い時間を設定でき、それ以外は待機消費電力の低いモードに自動で切り替える低消費電力モデルになる。

 LAN端子を備え、録画機能のあるレグザと本機を接続すれば、レグザで録画した番組を本機のHDDにそのままダビングする「レグザリンク・ダビング」も可能。対応するスマートフォンやタブレットに、録画済み番組を配信して視聴する「レグザリンク・シェア」機能も備える。

 高さ46mm×幅430mm×奥行き210mmの薄型コンパクトモデル。2011年モデルに比べ高さで34mm、奥行きで122mmコンパクト化され、テレビラックの間などにもおけるサイズを実現した。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加