進化したマクセルのハイブリッドヘッドホン「MXH-DBA900」--試聴レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たなヘッドホントレンド“ハイブリッド”を2つ採用したモデル

  • マクセル「MXH-DBA900」(店頭想定価格:1万9800円)

 秋から冬にかけて、メーカー各社のヘッドホン新製品がおおむね出そろってきた。今年のトレンドとなっているのは、さまざまな組み合わせでの“ハイブリッド”というキーワード。例えば、音の特性に合わせてバランスドアーマチュアドライバやダイナミックドライバを選択して組み合わせたり、ハウジングを異なる素材で合わせて音質向上を試みたり、あるいは密閉型とオープン型を融合させたりと、各社さまざまな合わせ技を訴求している。その中で、ドライバとボディともに“ハイブリッド”の冠を持つモデルがある。「Wハイブリッド構造」を採用した、マクセルのカナル型ヘッドホン「MXH-DBA900」だ。早速その実力をチェックしていく。

2つのドライバと素材の異なるボディを組み合わせた“Wハイブリッド構造”

 2012年12月より、マクセルはシンボルマーク“m”を掲げ、音を徹底的に追求したミドルからハイエンドのヘッドホンを投入している。今回の「MXH-DBA900」は、その第3弾となるモデルだ。「原音にどこまで忠実になれるか」を追い求めた1つの答えが、バランスドアーマチュアドライバ+ダイナミックドライバのツインユニット、および高剛性アルミ二ウム+樹脂ボディのWハイブリッド構造である。詳細については後述していく。まずはパッケージを開けて行こう。

 mブランド共通のデザインが施された黒のパッケージ。裏面には製品の詳細と、今回採用されたハイブリッド構造などが記載されている。中を開けると本体のほか、銀イオンを施した抗菌イヤピースとコードキーパーが同梱。シンプルな構成だが、実際に使用するには充分な内容だ。

  • “m”ブランド共通の品位あるパッケージ

  • 特徴や構造図のほか、付属品が一目でわかるパッケージ裏面

  • 本体に付けられたMサイズを含む、SS/S/Lの計4種類の抗菌イヤピースとコードキーパーを付属する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加