キングソフト、“ダブルエンジン”のセキュリティソフト最新版を公開

藤井涼 (編集部)2013年11月14日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングソフトは11月14日、セキュリティソフトの最新版となる「KINGSOFT Internet Security 2014」の提供を開始した。広告が表示される完全無料版、980円の1年版、1980円の無期限版の3つのラインアップを用意した。

  • 「KINGSOFT Internet Security 2014」のホーム画面

 最新版では、同社が自社開発したウイルススキャンエンジンに加えて、セキュリティソフトベンダーのドイツ・Avira社製のエンジンを追加で実装。この“ダブルエンジン”によって、ウイルス検出率が99.7%にまで向上したという。

 テザリング機能も搭載しており、無線LAN機能が搭載されているPC本体を、Wi-Fiネットワーク中継点として利用できる。さらに、フィッシングサイトの危険から回避できる「セーフアクセス」機能なども搭載した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加