「iPad mini Retina」をiFixitが分解--修理は非常に困難

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月14日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iFixitによると、今週発売されたAppleの「Retina」ディスプレイ搭載「iPad mini」を修理するのは容易ではないという。

 iFixitは米国時間11月13日、Retinaディスプレイ搭載iPad miniの正式な分解記事を掲載した。iFixitはその分解作業の中で、同デバイスを分解して何らかの修理を試みるのはこれまでの「iPad」と同様に非常に難しいことを確認した。実際に、iFixitは同デバイスの修理可能性を10点満点中2点と評価している(点数が高いほど、デバイスの修理が容易)。結論を言うと、Retinaディスプレイ搭載iPad miniをユーザーが自分で修理するのは容易ではない。


分解されたiPad mini Retina
提供:iFixit

 iFixitによると、iPad miniの修理可能性の評価が低い要因としては、ねじを見つけにくいことや、「Lightning」コネクタがロジックボードに半田付けされていること、コンポーネントを固定するのに「大量の接着剤」が使われていることが挙げられるという。

 とはいえ、iFixitはいくつかの点で、Retinaディスプレイ搭載iPad miniを高く評価している。Appleがバッテリをロジックボードに半田付けしていないことは歓迎された。LCDとガラスが一体化されていないので、故障した場合、それぞれの部品を個別に交換すれば済むことについても、Appleは高く評価された。

 分解作業の中で、iFixitは使用したモデルにLG製のディスプレイが搭載されていることを確認した。タッチスクリーンコントローラはBroadcom製、フラッシュストレージは東芝製だった。iFixitによると、「A7」チップと「M7」モーションコプロセッサにはAppleのブランドマークが印刷されているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加