logo

東芝、32V型で4K解像度の業務用モニタ--高性能低反射フィルムで映り込みを軽減

加納恵 (編集部)2013年11月13日 17時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は11月12日、4Kパネルを搭載した32V型の業務用モニタ「TUM-32PRO1」を発表した。Adobe RGBにおいて99%の色域を実現する。発売は12月下旬。市場推定価格は158万円前後になる。

  • 「TUM-32PRO1」

 フルHDの4倍にあたる3840×2160ピクセルの解像度を持ち、フルHDなど4Kに満たない画像を緻密な4K画像に再現することも可能。パネルに高性能低反射フィルムを採用することで、画面への映り込みを軽減し、明所コントラストに優れた自然な映像を映し出すとしている。

 DisplayPort1系統、HDMI2系統、USB1系統、LAN1系統の入力端子を備え、HDMI入力は3840×2160p 60Hzまで対応。バックライトにはダイレクトLEDを採用する。

 サイズは高さ510~640mm×幅745mm×奥行き294mmで、重量約16.7kg(いずれもスタンド含む)。横置き用遮光フード、キャリブレーションセンサ、HDMIケーブル、DisplayPortケーブル、LANケーブルなどが同梱される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集