サンディスク、容量256Gバイト--4K動画にも最適化したコンパクトフラッシュ発表

坂本純子 (編集部)2013年11月08日 19時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンディスクは11月8日、高速で大容量のコンパクトフラッシュカード「256GB サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカード」を12月に出荷開始すると発表した。これまでの最大容量は128Gバイトだった。

「256GB サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカード」
「256GB サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカード」

 最大読み取り転送速度は世界最速の160Mバイト/秒で、最大書き込み転送速度は最大140Mバイト/秒。また、最低持続書き込み速度となるVPG(Video Performance Guarantee)は65Mバイトで、高速連写からシネマレベルの4K動画やフルHD動画の撮影にも最適化されている。

同シリーズの16Gバイトから128Gバイトも速度が向上

256Gバイトコンパクトフラッシュに互換性のあるカメラ
256Gバイトコンパクトフラッシュに互換性のあるカメラ

 256Gバイトの登場に伴い、これまでのサンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカードの16Gバイトから128Gバイトの全ての容量帯のカードが、最大160Mバイト/秒の超高速転送速度にグレードアップとなる。市場想定価格は、256Gバイト版が14万8000円、128Gバイトが8万9800円、64Gバイト版が5万4800円、32Gバイト版が3万8800円、16Gバイト版が2万4800円となっている。なお、256Gバイト版以外の最大書き込み速度は150Mバイト/秒。

これまでのラインアップもアップグレードへ

「サンディスク エクストリーム コンパクトフラッシュカード」
「サンディスク エクストリーム コンパクトフラッシュカード」

 さらに、従来からある下位シリーズのカードも速度が向上しアップグレードされる。「サンディスク エクストリーム コンパクトフラッシュカード」は、最大転送速度が64Mバイトから2倍となる120Mバイト/秒に進化。価格は、128Gバイト版が7万2800円、64Gバイト版が4万2800円、32Gバイト版が2万4800円、16Gバイト版が1万4800円、8Gバイト版が9880円となる。

「サンディスク ウルトラ コンパクトフラッシュ」
「サンディスク ウルトラ コンパクトフラッシュ」

 「サンディスク ウルトラ コンパクトフラッシュ」シリーズは、最大転送速度が30Mバイト/秒から50Mバイト/秒へとグレードアップ。価格は、16Gバイト版が1万800円、8Gバイト版が7480円、4Gバイト版が5280円。いずれも12月に出荷予定だ。

サンディスク エクストリーム プロ CFast 2.0
サンディスク エクストリーム プロ CFast 2.0

 このほかに、最大読み取り転送速度が450Mバイト/秒の「サンディスク エクストリーム プロ CFast 2.0カード」も発表された。容量は60Gバイト版と120Gバイト版がある。CFast 2.0をサポートする機器が必要で、ARRAIの「ALEXA XT」が対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加