logo

パナソニック、シアターボード「SC-HTE80」--テレビの下に設置可能な台座タイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SC-HTE80」

 パナソニックは11月7日、テレビの下にも置ける薄型ホームシアターシステム「SC-HTE80」を発表した。発売は11月22日で、店頭想定価格は3万円前後。

  • フルレンジユニットとサブウーファを2個ずつ搭載

 SC-HTE80は、高さ60mm×幅460mm×奥行き280mm、重量約3.2kgの薄型。耐加重は約30kgで、テレビの台座としても設置可能だ。フルレンジユニット2個と直径80mmのサブウーファ用スピーカーを2個内蔵し、薄型ながら迫力の重低音再生を実現したとしている。

 Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレットなどに保存した音楽をワイヤレスで再生可能。FelicaやNFCに対応したBluetooth機器に専用アプリ「Panasonic Music Streaming」をインストールすれば、本機にタッチするだけで接続が完了する。

 声の帯域レベルを効果的に上げることで、聴こえにくい言葉を聴き取りやすく再生する「明瞭ボイス」を搭載。ドラマの雑踏のシーンでのセリフや、歓声に沸くスポーツ中継の解説などが聴き取りやすくなる。明瞭ボイスの効果は4段階で調整が可能だ。

-PR-企画特集