logo

写真で見るニコン「Df」の内部構造--ターゲットは“精密機械としてのカメラ好き” - 4/20

坂本純子 (編集部)2013年11月05日 20時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Dfを見ると、まずボディ上面に配置された大きな金属製メカニカルダイヤルが目に入る。電源OFF時も含め、ISO感度、シャッタースピード、露出補正などの設定値を常時視認できる安心感と、設定を随時ダイレクトに変更できるという利便性により、撮影により集中できるとした。

 Dfを見ると、まずボディ上面に配置された大きな金属製メカニカルダイヤルが目に入る。電源OFF時も含め、ISO感度、シャッタースピード、露出補正などの設定値を常時視認できる安心感と、設定を随時ダイレクトに変更できるという利便性により、撮影により集中できるとした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]