スクエニHD、4月~9月の累計連結業績予想を上方修正--営業利益は47億円の黒字へ

佐藤和也 (編集部)2013年11月05日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは11月5日、5月13日に公表した平成26年3月期第2四半期連結累計期間(4月1日~9月30日)の業績予想を修正したことを発表した。

 発表した売上高は617億円(前回発表予想は590億~630億円)、営業利益は47億円(同20億円の赤字~損益0円)、経常利益は57億円(同20億円の赤字~損益0円)、四半期純利益は26億円(同13億円~損益0円)と、上方修正を行った。

 修正の理由として、デジタルエンタテインメント事業においては、北米での家庭用ゲーム機向けソフトのディストリビューション販売や、8月に運営を開始した「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」の販売が計画を上回った。またアミューズメント事業において、アミューズメント機器の販売が計画を上回ったことや、全社にわたる経費節減を徹底したことなどを挙げている。

 なお、平成26年3月期通期の連結業績予想については、不透明要因もあるため、現時点では変更がないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加