logo

パナソニック、測位精度にこだわったカーナビ新「ストラーダ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは11月5日、オートモーティブ&インダストリアルシステムズより、AV一体型カーナビゲーション「ストラーダ」の新製品「CN-E200D」を発表した。発売は12月17日で、店頭想定価格は6万円前後。

  • 「CN-E200D」

 CN-E200Dは、ナビゲーション機能と音楽再生機能を搭載した、ストラーダのベーシックモデル。サイズは高さ100mm×幅178mm×奥行き183mmで、LEDバックライト採用の7V型ワイドVGA液晶ディスプレイを搭載した。

 準天頂衛星みちびきに対応し、車の上下移動を細かく感知する「3Dジャイロセンサー」搭載により、ビル街や山間部でも、現在地をより正確に測位することが可能。検索データベースとして、1296エリアの市街詳細地図を含む2013年度版地図データ、約3360万件の電話番号データを収録した。

 CDプレーヤーのほか、ワンセグチューナを内蔵し、ドライブの休憩中のワンセグ放送視聴も可能。曲に合わせて音質を設定できるほか、プロのレコーディングエンジニアが監修した音質モード「音の匠 Lite」を搭載した。

 オプションとして、リヤビューカメラ「CY-RC90KD」とiPod/USB接続用中継ケーブル「CA-LUB200D」を別売りする。

-PR-企画特集